スマホ用サイトで見る
TOP > 業務案内TOP > 不動産戦略アドバイザリー業務

不動産戦略アドバイザリー業務

CRE(企業不動産)戦略支援サービス

不動産、そして企業を取り巻く環境が急速に変化する激動の時代に対応するため、各企業は限られた経営資源である企業不動産を経営に最大限有効活用していくことが不可欠となっています。
CRE(企業不動産)戦略とは、不動産を活用した企業価値向上戦略のことであり、企業が利用する不動産について、「企業価値向上」の観点から見直しを行い、不動産投資の効率性を最大限向上させていこうという考え方であり、経営戦略の一翼を担うものです。
当組合は、下図のようなCREマネジメントサイクル実践過程における一助として、保有不動産の時価評価、定期的な時価の見直し、事業拡張等に伴う不動産の購入・賃借・処分等の選択についてのアドバイス等を行います。

CREマネジメントサイクルのイメージ

CREマネジメントサイクルのイメージ

PRE(公的不動産)戦略支援サービス

厳しい財政状況を背景に、国及び地方公共団体ともに、その所有・利用する公的不動産をより戦略的な観点からマネジメントすることが一層必要となってきています。国においては、「小さくて効率的な政府」の実現のため、庁舎等の有効活用・民間開放や国有財産の売却が促進されてきました。また、地方公共団体においては、自らが所有・利用する不動産を「PRE(Public Real Estate)」と表現し、公的不動産の管理、運用を戦略的に行う取組(PRE 戦略)が見られるようになってきています。
当組合は、未利用地、未利用施設の売却等の推進や、公共施設の機能・配置等の見直しによる有効利活用の促進等、国や地方自治体におけるPRE戦略の取り組みを支援します。

企業の不動産関連部門の顧問業務

神奈川県不動産鑑定協同組合では不動産関連部門を有する企業等と顧問契約を締結し、日常において発生する不動産に関する問題に、顧問先企業とともに対処する体制づくりを行っております。
また企業が行っている不動産関連業務のうちの一部を当組合で一括して請け負うこと(アウトソーシング)が可能です。

アウトソーシングできる業務の例を挙げると次のようなものがあります。

  1. 金融機関における不動産担保物件の価格審査業務
  2. 企業が保有する土地資産の有効活用及び運営業務
  3. 新入社員・不動産業務担当者に対する研修の実施